増毛法のイメージと実際

 増毛法はテレビCMやその他メディアなどで大々的に宣伝されていて、薄毛になったポイントをしっかりカバーしてくれる魔法のような対策方法というイメージを持っていると思います。確かに見た目的にはこのイメージで間違いではないのですが、現実はやや異なる印象です(少なくとも私はそう感じています)

マツエク

 増毛法はエクステのようなものでして、今残っている髪の毛の根元に人工毛を結びつけるものです。1本のところが3本になったりするわけですので、確かに増えた感じになるのですが、ここが増毛法の怖いところでもあります。結びつけた人工毛は伸びませんが、自分の髪の毛は自然と伸びます。髪の毛が伸びてくると、結びつけた部分が上へ上へと上がってきます。こうなってくると、髪の毛をクシでとくなどしたときに結び目がクシに引っかかるようなことが増えます。単純に引っかかるだけなら問題ないのですが・・・。

 AGA(男性型脱毛症)によって薄毛・抜け毛が進行している人の頭髪は、基本的に細くなり、髪の毛が弱く抜けやすいのです。そんな方の髪の毛をクシで引っ掛けるとどうなるのか。はい、想像のとおりだと思いますが、髪の毛が抜けていきます。人にもよりますし、AGA(男性型脱毛症)の進行度合いにもよりますが、抜け毛が増える人も多いと聞きます。

増毛法が適する人、適さない人

 あくまでも個人的な見解にはなるのですが、増毛法はAGAの進行が大変緩やかな方や、薄毛・抜け毛が軽度な方向けなんじゃないかな?っと思っています。また、抜けてしまえばかつらにすればいい!っと割り切っている方などですかね?とにかく、自分の髪の毛を少しでも残したいと考える人が選択する手段ではないかなと感じています。

増毛法の費用とコスパ

増毛法とお金の話

 どのくらい増毛するかによるので、一概にはいえないのですが、ざっくりというなれば30~50万程度だと思います。また、髪の毛が伸びてくるとメンテナンスが必要になるので、月に1度は必ずサロンへと行き数時間のメンテが必要です。

このページの大事なポイント 総まとめ

増毛法とは 今現在残っている髪の毛の根元に人工毛を結わえ付けるもの。
増毛法のメリット 増毛法を受けることができる人の場合、思ったところに、思った分だけ増やすことができる。すぐに増やすこともできるし、徐々に増やすこともできるので他人にバレない。
増毛法のデメリット ある程度毛髪が残っている人が適応できる。また、髪の毛が伸びてくるとクシが引っかかり、残っている髪の毛が抜けてしまうようなこともあるので、自分の髪の毛を残したい人にはオススメできない。
増毛法の費用とコスパ 大体30~50万円とされています。また月に1度のメンテナンスが必要です(人工毛は伸びないが、自分の髪の毛が伸びるので)
 次頁:市販の対策薬の効果

Page top icon