女性の脱毛症もAGA(男性型脱毛症)が原因のこともある

女性の薄毛

 女性の脱毛症にも色々と原因はあるのですが、中でも多いものが意外にもAGA(男性型脱毛症)だと考えられています(半数程度はAGAだと考えられている)。男性のそれと比べると、前頭部の抜け毛はほとんどなく、頭頂部の抜け毛・薄毛が目立つようです。

 (詳しくはこちらのサイト女性の頭頂部が薄い原因と対策で紹介しています。女性の方はこちらへどうぞ)

 その次に多いのが慢性休止期脱毛症と呼ばれるもので、長い髪の毛の抜け毛が増えるものです。原因は良く分かっておらず、特定の箇所が抜け落ちるような傾向はなく、全体的に抜け落ちるものです。ただ、全ての髪の毛が抜けてしまうわけではないようです。

 また、ホルモンの分泌異常によって引き起こされる脱毛症もあり、よく知られているのが出産後に一過性に脱毛症が起こるものです。ピルを飲んでいる女性がピルを飲むのをやめると脱毛が目立つようなことも似た原理で起こっているものだと考えられています。更に女性に特有と言っていいのか悩ましいところではありますが、無理なダイエットによる脱毛症や、鉄分欠乏による脱毛症などもあります。これらは単純に栄養不足なので、当然脱毛以外にもよくない影響があるはずです。

女性の脱毛症の治療について

 女性の脱毛症の大半がAGA(男性型脱毛症)であると上の項目で解説しましたので、女性の脱毛症の治療もプロペシアだろう?っというとそう簡単にもいかない事情があります。妊娠している女性がプロペシアを服薬すると、胎児の外性器が正常に発達しなくなる恐れがあるので使えないのです。では、妊娠の可能性がない閉経後の女性ならどうでしょう?っといと、これまた問題があります、プロペシアの効果が見られないという結果が出ているのです。

ミノキシジル外用剤イメージ

 そういうで、女性の脱毛症の治療薬としては、第一選択として、プロペシアではなく、ミノキシジルが含まれる外用薬を使用します。男性用にはミノキシジルの5%溶液などが発売されているのですが、女性には1%ミノキシジル溶液しか使用されません。女性用に5%が使用されないのは、頭髪以外の部分、例えば顔などに多毛の副作用が考えられるため、1%溶液しか使用できないことになっています。

女性の脱毛症の専門クリニックについて


 薄毛治療というと、どうしても男性の脱毛症のクリニックを思い浮かべるのですが、最近は女性の脱毛症を専門に取り扱ってる脱毛クリニックも増えてきています。男性も薄毛には悩みますが、女性の薄毛に関してはより深刻であることを考えると可能な限り専門のクリニックへ早めの受診をオススメしたいと思います。

 当サイトではAGAスキンクリニックさんの系列である、東京ビューティークリニックさんへの受診をオススメしています。

このページの大事なポイント 総まとめ

女性の脱毛症で多いもの 女性の脱毛症の半数くらいがAGA(男性型脱毛症)だと考えられている
女性の脱毛症のその他 その他、慢性休止期脱毛症、ホルモンの分泌異常による脱毛症、無理なダイエット、鉄分欠乏による脱毛症がある。
女性のAGAの治療薬 プロペシアは女性には使えないので、ミノキシジルの外用薬が使用される。
女性の脱毛症の治療の問題 男性の脱毛症よりも治療の選択肢が少ないのが現状である(男性も多いとは言えませんが)
 次頁:その他の脱毛症

Page top icon