薄毛・抜け毛になりやすくなる遺伝子

母息子の遺伝子

 薄毛や抜け毛に関することで思い浮かべるのが、遺伝というもの。父親が薄毛だから俺も将来は・・・みたいに考えることがあると思うのですが、実は薄毛に関する遺伝子は母方から受け継がれるものなのです(80%くらいを受け継ぐみたいです)。現代ではある程度のレベルまで原因遺伝子が特定されつつあるみたいで、新しい治療法が見つかるかもしれないところにまできているようです。

『抜け毛・薄毛の遺伝子がある=抜け毛・薄毛になる』ではない

父息子の遺伝子

 絶対に薄毛になるかと言うとそういうわけでもないのです。あくまでも薄毛になりやすい体質というだけです。ガンにしても、糖尿病にしても、遺伝子がある程度関係しているとは言われていますが、ならない人はなりません。また、なったにしても適切な治療を行えば、普段どおりの生活が送れるのです。これはAGA(男性型脱毛症)にもいえることで、遺伝だからといって諦める必要はまったくないのです。

 また、逆説的に言うのであれば、薄毛になりやすい遺伝子を持っていなくとも、薄毛になる人はなってしまうわけです。日常的なケアや栄養状態やストレスなどの外的な要因が薄毛を引き起こすということも忘れてはならないわけです。

このページの大事なポイント 総まとめ

薄毛に関する遺伝子 薄毛になりやすい遺伝子は存在しており、だいたい特定されている。
薄毛の遺伝子は母方 薄毛になりやすい遺伝子の80%は母方から受け継ぐ。父親の頭髪をイメージするよりも、母方の叔父さんなどをイメージしてみてください。
遺伝したからといって 必ずしも薄毛になるとは限らないわけです。遺伝子があっても薄毛にならない人もいるし、遺伝子がないのに薄毛になる人もいます。
諦める必要はない 遺伝だから仕方がないと諦める必要はありません。AGA専門のクリニックで治療すれば良いのです。
 次頁:わかめ・ひじきは髪に良い?

Page top icon