そもそも軟毛って何?

 髪の毛に限らず、体毛は全てそうなんですが、毛は大きく2つに分けられます。

軟毛と硬毛

  • 軟毛:細く見える毛
  • 硬毛:太く見える毛

 この2種類です。

 読んで字のごとく『軟毛=軟らかい毛』、『硬毛=硬くて太い毛』のことです。上にあった写真は私の髪の軟毛と硬毛です。

 見た目で分かるくらい違いがあるのですが、実はこの2つは同じ毛なのです。

軟毛も硬毛も同じ髪の毛

 軟毛と硬毛は、見た目からこんなにも違いがあるので、別な種類の毛なのかと思ってしまうのですが、実は同じ髪の毛なのです。

 髪の毛は、主に男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響を受けて、軟毛→硬毛、硬毛→軟毛という感じに変化しているだけなので、どちらも同じ毛なのです。

ヘアサイクル

 上のイラストの左側が硬毛、右側が軟毛というわけです。AGA(男性型脱毛症)になるということは、右側の軟毛が多くなるということなのです。

髪の毛が細くなる(軟毛化)原因

 上の項目で硬毛が軟毛になる流れを解説しましたが、これをよりリアルなヘアサイクルとしてイラストにしてみると下のイラストになります。

 これが一般的に正常なヘアサイクルの図です。

正しいヘアサイクル

 ただ、髪の毛が細くなる(軟毛化)原因に男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響があります。男性ホルモンが増えると、正常なヘアサイクルの図が、下のような悪いヘアサイクルになってしまいます。

悪いヘアサイクル

 男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響があると、髪の毛の成長が中期成長期、後期成長期をすっ飛ばして、いきなり退行期~休止期へと進んでしまうのです。

 この状態がAGA(男性型脱毛症)というわけです。

薄毛に見える

 AGA(男性型脱毛症)では、髪の毛が抜けてしまっていることも大きな原因の1つですが、実は頭髪全体にしめる軟毛の割合が多くなり、薄く見えてしまうということもあるのです(上の写真のように)。

軟毛化を治す方法

 髪の毛が細くなっていても、抜けてないなら問題ないよね!?っと思う方もいらっしゃると思うのですが、軟毛化はAGA(男性型脱毛症)へと転がり込む前段階とも言えるので、薄毛になりたくない方は軟毛化を放置せず、治療することが必要です。

 先ほども掲載したイラストですが、この悪いヘアサイクル

悪いヘアサイクル

 良いヘアサイクルであるこちらの流れに変えていく必要があるのです。

良いヘアサイクル

 この流れを変えるために必要な治療薬がプロペシアミノキシジルっというわけです。

 プロペシアは市販されていませんし、ミノキシジルは配合されている育毛剤もありますが、やはり医療機関で処方されるものと比較すると濃度の差が大きいです。

 海外からの個人輸入というものもできますが、偽物をつかまされる可能性もあるため、個人的にはオススメしていません。

 同じお金を出すのであれば、治療効果がより高いものが良いに決まっています。効果が薄い育毛剤を長期間買ったり、胡散臭い薄毛対策商品を買うよりも、医療機関にかかる方が安全で確実で安上がりになると思います。

軟毛化の最終地点=毛根の死滅?

 軟毛化が進み、髪の毛が薄くなってくると次に心配になるのが毛根が死んでしまわないかどうかという話です。

 厳密には毛根だけではく、毛根周辺の細胞組織が死んでしまうという話なのですが、これが死滅してしまうと最終的には髪の毛が生えてこなくなってしまいます。(最新の治療で、ある程度の再生治療や移植などはあります)

毛根が死ぬ!?

 ですので、軟毛化が進んでいるか、や、抜け毛が増えているかどうかよりも、毛根周辺の細胞組織が死んでいないかどうかが何よりも重要なポイントであることは間違いないです。こうなってしまうと、育毛剤どころでは回復しない状態になります。

 しかも、厄介なことに自己判断では細胞が元気なのか、弱っているのか、はたまた死んでいるのかの判断が付けにくいのです。この辺りをはっきりと知りたい場合は、やはり専門のクリニックで専門のスタッフにみてもらう以外に方法がないでしょう。

 初回のカウンセリングや頭皮チェックだけであれば、無料で行ってもらえますので、まずは話を聞いてみるくらいの感覚で行ってみるのもオススメです。

このページの大事なポイント 総まとめ

硬毛と軟毛について 実は見た目が違うだけで、両方同じ毛。ホルモンの働きにより軟毛→硬毛、硬毛→軟毛と変化している。
髪の毛が細くなる原因 男性ホルモンの影響で髪の毛が細くなる。
細い髪が増えるとAGA 細い毛が増えすぎると頭皮が透けてきて目立つようになってきます。
毛根周辺細胞が死ぬ 毛根周辺の細胞が完全に死んでしまうと髪の毛が生えてこなくなってしまう。
Page top icon